2017年9月16日土曜日

【科学/数学/医療】 文系のための理系読書術 [齋藤孝氏]

[著書名] 文系のための理系読書術 

[著者] 齋藤孝氏

[おすすめ度] ★★☆ 

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★

[ひとこと]


このブログは「5冊買った中で最も良かった1冊を紹介」、を原則ルールにしています。

最近は科学や数学の本が多くなってきましたが、本書は理系全般のどこから始めればよいのかについて1つの道しるべになると思います。


作者の齋藤孝氏はいったい何冊出せば気が済むんだという程多産作家です。

彼自身もとても自分では書いてないとは思いますが、多産作家はゴーストに書かせて監修だけする(医療系は特に問題になっていますよね)、または何十冊もひたすら同じことだけ言うような連中がほとんどの中、齋藤孝氏の本は高いレベルで安定しています


本書は、その作者が生物、医療、科学、数学、化学、物理の本について、実際に読んできた中でのお勧めを紹介しています。


※このブログでも紹介した本も紹介されており、彼が実際に読んでいることは分かりました。笑


------


私も含め文系にとっては、理系分野はいつまでも未知の領域に感じてしまいます。

けれど、「人生に未知の領域がまだまだ残っている」ことは、歳を取ってくると本当に貴重なことだと感じます


金と女に繋がらない物は全て無駄、みたいな人間が社会の大半を占めるのかもしれませんが、未知の領域を学ぶ知的好奇心は決して無駄ではないと考えます。

そして、遺伝や数学などを知れば、「全て無駄人間」よりもよほどそれらも手に入るのですが、書評ブログでは控えます。笑


------


他の幾多の分野と同様に、科学も「現状有力な仮説」であり、これからも永久に発展し、覆され、新しくなっていきます


私たちは本を買うことで科学世界を応援し「観客」になれるなんて、本当に素敵なことだと個人的には思います。



※詳細は画像より




==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。




【政治】 カエルの楽園 [百田尚樹氏]

[著書名] カエルの楽園 

[著者] 百田尚樹氏

[おすすめ度] ★★☆ 

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★

[ひとこと]


小説も新書もほぼ全て読んできた百田尚樹氏の問題作(結局一部からは全て問題にされますが)。


カエルの世界を舞台にした小説で、一見非常に読みやすいのですが…、物語の後半と何より伝えているメッセージがあまりにもエグイです…

けれど、お勧め。


-------


テーマは日本の安全保障。

憲法九条を核に、アメリカや自衛隊との関係、政治家やマスコミ、中国や韓国、評論家や自分の利益しか考えない有象無象の輩、無知な大衆と賢明な少数…と、日本の本質とその(百田氏が懸念する)未来がカエルに置き換わり描かれています


読後感は最悪。笑

しかし同時に、政治や世の中が「カエル」に見えてくるほど強く残る作品です。


自分のことを無知な大衆役を担っているカエルさんかと心配になる方がいれば、最初の一冊にはお勧めできます

…心配にすらならないカエルがほとんどだから、あんなことになるのでしょうか。。




※詳細は画像より




==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。




2017年9月9日土曜日

【小説】 インデックス [誉田哲也氏]

[著書名] インデックス 

[著者] 誉田哲也氏

[おすすめ度] ★★☆ (「姫川玲子」シリーズ)

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★

[ひとこと]


竹内結子主演でドラマや映画にもなった大人気「ストロベリーナイト」シリーズ。(最近は「姫川玲子」シリーズ)

本作『インデックス』はその最新作(第七弾)ですが、ここでは姫川玲子シリーズについて。


-------

今から10年以上前に第一段のストロベリーナイト (光文社文庫) [ 誉田哲也 ]を読み、冒頭の衝撃的なグロテスクシーンから、最後まで謎と恐怖と興奮を高揚させていく刑事物語に圧倒されました。


そこから、シリーズで唯一涙が出た第二弾ソウルケイジ (光文社文庫) [ 誉田哲也 ]や短編集を経て、映画にもなった第四弾インビジブルレイン (光文社文庫) [ 誉田哲也 ] でシリーズは完結されたと思いました。


厳密には完結にして欲しかったほど、完成度が高く、キャラクターが「生きた」世界が生み出されたと感じました


------


しかし、これほど人気が出た上に、作家が売れるために最も必要な「人気キャラ」である姫川玲子が生まれた以上、やはりシリーズは続きました。

読んだ方なら分かると思いますが、第四弾で主人公たちのチームがあんな形になり、このあと続けて一体何を描きたいのかと残念にも感じました。


が、その後第六弾のブルーマーダー (光文社文庫) [ 誉田哲也 ]で、「このシリーズは不滅だな」と確信するに至り、今回の第七弾を期に書評ブログに書き残しておきたいと。


-------


長くなりましたが、シリーズの成功の9割を占めるのがもちろん主人公の姫川玲子だと思います。


彼女は長身で美人、頭のキレも抜群で仲間にも慕われ、何より刑事の中でも誰にも負けない正義心と真っすぐな生き方を貫きます


その愚直さと強さ故に仲間以外にはめちゃくちゃ嫌われ、性格は時々お茶目なところもあり、主人公として「完璧」です。


このストロベリーナイト改め姫川玲子シリーズは、一気読みを誘う抜群のミステリーセンスと共に、彼女の生き方に笑えて泣けて考えさせられることができる、滅多に出会えない物語です


読んだことの無い方は、ぜひ第一弾から読むことをお勧めします。




上記最新作




上記第一弾




==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。




2017年9月3日日曜日

【ジャズ/漫画】  BLUE GIANT SUPREME 2 [石塚真一氏]

[著書名] BLUE GIANT SUPREME 2 

[著者] 石塚真一氏

[おすすめ度] ★★

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★

[ひとこと]


以前も第一部(合計10巻)の最終巻について書評を書き、「全ての巻について思いを書きたいほどの名作で、過去も含めマイベスト5に入る漫画」と表現した作品です。


本作は第二部の最新刊です。


------


衝撃の第一部最終巻の時も「ファン故に」しっかりと文章を書きましたが、今回第二部についても好きだからこそ思いを書きます。


その思いですが、冒頭の[おすすめ度]の通り、正直この第二部は必要だったのか分からなくなりかけています


第二部の一巻はこの『ブルージャイアント』の世界観や主人公の味を十分描けていて、相変わらず涙が出てくる熱いシーンもありました。
 
しかし……、この二巻も決して悪くはないのですが、わざわざ第一部をあの形で終わらせておいて、この第二部で一体何を描きたいのかが分からなくなりました


あれほど心を動かされながら各人物たちの物語を積み重ねた第一部を、最後で完全にひっくり返しておきながら、(今のところは)第二部でも同じプロセスをまた繰り返すだけに思えてしまいます


舞台が外国だけにご都合主義も目立ち、この第二部の一巻と二巻の間だけでも同じパターンが繰り返され、正直全12巻の中で最も入りこめませんでした。


これほど完成度の高い作品ですし、どうか蛇足にならないように……、これからの物語を見守って(それがファン)いけたらと思います。



※詳細は画像より




==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。




2017年9月2日土曜日

【古典】  こころ彩る徒然草 兼好さんと、お茶をいっぷく [木村耕一氏]

[著書名] こころ彩る徒然草 兼好さんと、お茶をいっぷく 

[著者] 木村耕一氏

[おすすめ度] ★★

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★

[ひとこと]


1つ前の記事とは真逆のテイストですが、この本はポジティブサプライズでした。


誰しも「昔学校で聞いた気がする」程度には知れ渡っていて、教科書を読むことができた子供なら「兼好法師」の名前が自動で出てくる徒然草。

書かれたのは700年以上前で、兼好法師こと吉田兼好(最近は本名の「卜部兼好」が教科書に載っているらしい)が10年の月日をかけて書き込み、なんと300年以上経った江戸時代に世に広まった日本三大随筆の一つです。


まあ、ここまでは知識として知っていただけで、正直歴史マニアを自負する私でも中身には大して興味なかった古典です。


しかし、今回縁あってこの本を読んでみて、少し感動すら覚えましたのでご紹介します。


------


この本は徒然草を「意訳」し、カラフルで綺麗な絵を挟みながら、大きくやさしい文字でエッセンスを紹介しています

徒然草は今でいうブログに似ているかもしれません。(まあ随筆ですからね)


つまり700年前にも物を思い考え言葉にすることが好きな人がいたわけですが、驚くべきはその本質が今でも一切色あせることなく響くのです


・勝負に勝つ秘訣は「勝とうと思わないこと」

・世間に語り伝えられていることは、世間とはつまらないものなのか、ほぼ皆ウソである

・酒は百薬の長とか言うが、全ての病は酒から起こる気がする


など、現代の新書顔負けの考えが詰まっています。


-----


何より、この随筆の核は「死」です。


人の一生がどれだけ一瞬で、儚いものか。


どれだけ読んでも聞いても忘れかけてしまう「人生の儚さ」を、何度も何度も語りかけてくれます


700年の時を超えようが、これから先どれだけ月日を積み重ねようが、人生とは本当に一瞬の出来事なのかもしれません。


時の試練を超えて読まれ続ける古典。

その真骨頂が詰まった1冊だと気づかされました。



※詳細は画像より



==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。




2017年8月20日日曜日

【歴史】  明治維新という過ち [原田伊織氏]

[著書名] 明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト 

[著者] 原田伊織氏

[おすすめ度] ★★

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★★★

[ひとこと]



歴史本においては、何度も紹介している本能寺の変431年目の真実 (文芸社文庫) [ 明智憲三郎 ]に次ぐ衝撃で、幕末なら必読の一冊だと思います。


歴史マニアを自負する以上、例えば最高級の英雄として描かれる坂本龍馬は、司馬遼太郎氏が創り出した完全なる「虚像」であり、ドラマや映画で描かれる歴史の常識の多くが「単なる物語(=嘘)」であることはむしろ常識ではあります

(政治家などがよく坂本龍馬を尊敬しているとか言いますが、尊敬しているらしい人に関する本すら1,2冊も読まないのかと恐ろしくなります)


この幕末に関しても、明治維新で日本を救った英雄として描かれる薩摩や長州が、実際は一切中身のないただの人殺し集団であったことは(本書では革命ですらないISと変わらぬ単なるテロリストと表現)、「本当に」歴史を知ろうとする人の中では周知のことだと思います。


-----


それでも、です。

歴史本として異例の25万部を突破したベストセラーの本作は、その徹底した研究により、明治維新がどれほど過ちであり、英雄とされてきた(※)残虐非道なテロリストたちがどれほど日本(何より会津)を破壊したかが書かれています

※英雄とされてきたのは「勝者が歴史を作る」ためで、戦国史を書いたのが豊臣秀吉であるように、幕末の歴史を作ったのが薩摩と長州であるため。


-----


良質で圧巻の歴史本であり、歴史好きにはたまりませんが、一般に教えられてきた歴史から知らない方は読んでもどの部分が衝撃かは分かりにくいと思います。

(特に長州の人のそれとは思えない狂気の殺人や強姦により京都や会津、二本松から人が消えていく事実は本当にしんどくなるだけです)。


先ずは大筋を知ることから始めればよく、別に小難しい研究本は必要なく、このブログで一つ前の記事で紹介した坂本龍馬の漫画など(史実と異なる歴史のIFではありますが。笑)、何でもよいので記憶に残る物語を読んでみてはいかがでしょうか。


一般的に言われていることを知り、そこからフィクションで魅せる小説や漫画、あるいは本作のように一般論を根底からひっくり返す研究本を読み込むなど、「歴史って意外に楽しい」と気付いてもらえれば何よりで


最終的にはその磨かれた歴史観を今の世の中に当てはめ生きることが重要なのかもしれませんが、その社会を変えようと演じる政治家が「ドラマの龍馬かっこよかった」止まりですので、まあ平和な日本への感謝を再確認できれば満点ではないでしょうか。笑





※詳細は画像より





==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。





2017年8月14日月曜日

【歴史/漫画】  天翔の龍馬 [橋本エイジ氏]

[著書名] 天翔の龍馬 

[著者] 橋本エイジ氏

[おすすめ度] ★★

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★★★

[ひとこと]



このブログで何度もラブコールを送ってきた新選組の漫画、ちるらん新撰組鎮魂歌(1) (ゼノンコミックス) [ 橋本エイジ ]


実は『ちるらん』はスピンオフで、最初の作品がこの『天翔の龍馬』です。

(『アカギ』のようにスピンオフの方が有名になったケース)


幕末を舞台に、「龍馬が生きていたら」、「新選組の土方と共に戦ったら」という、歴史ファンにはたまらなすぎる歴史のIFを描いています

※その土方を主人公に新選組を舞台に描いたのがちるらん。史実では龍馬と土方は直接は会っていないと言われている。


--------


ちるらんは「戦い」によりフォーカスし、強い男たちがかっこよく生きて散っていく様を描いていますが、この天翔の龍馬は歴史のIFを追求することが世界観の柱です。


龍馬と土方は無論、歴史の大物たちが実に深く熱く丁寧に描かれており、全3巻ですが誰にでも読んでもらいたい世界です


実際の歴史と比べることに加え、この数年前を描くちるらんの登場人物とも比べることで、「こいつがこうなったか!!」というマニアックな楽しみ方をいつか誰かと共有できたら幸いです。笑





※詳細は画像より




==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。