2017年11月3日金曜日

【映画】 関ヶ原

[作品名] 関ヶ原 


[おすすめ度] ★★ 

[構成・展開] ★★

[合戦] ★★★★★(圧巻)


[歴史知識] ★★


[ひとこと]


個人的には2017年のNo1映画かもしれません。


確かに私は筋金入りの歴史好きだと思われ、常にランキング1位か2位の戦国ブログを持っていますし(5武将と巡る戦国50年)、歴史小説を書いてみたらビッグタイトルの最終選考まで進んでみたりしました。(あれ以上を書くのはしんどいからもう撤退。笑)


ただ、関ヶ原の名前しか知らない人でも楽しめる、を超えて魂が震えて涙が出る作品だと思います。


------


「本能寺の変」と合わせて最も語られ書かれ映像にもなってきたのが関ヶ原の合戦でしょう。
 
この合戦その物について書き出したら書評を読む方が映画を観るより長くなるので割愛します。笑


が、この映画の原作は司馬遼太郎氏です。


司馬遼太郎氏は坂本龍馬とこの石田三成を美化しすぎた(それだけ影響力のある作品)とは思いますが、原作としても映像としても「日本一の関ヶ原」だと考えます


-----


最近では大河ドラマの『真田丸』が大人気となりましたが、あの作品では関ヶ原の合戦は1分すら描かれなくて別の話題になりました


確かに、間違いなく「歴史を決めた」戦いでありながら、今回の主人公である石田三成側の西軍は瞬く間に負けてしまうわけです。


この映画で三成を演じた岡田君が大河ドラマで演じた黒田官兵衛は、同時刻に「九州における関ヶ原」を戦っていました。

三成がここまで早く負けていなければ、東北の上杉や真田、九州の黒田など、最強家康の首を虎視眈々と狙う勢力によって歴史は変わっていたかもしれません


黒田官兵衛の天下取りを阻止したのが、家康側で大活躍してしまった息子の黒田長政であるなどいくらでも話題は尽きないのですが、とかく2時間半の長編映画でここまで関ヶ原を描き切った作品は後にも先にも無いと思います。


------


最後に長文欲を抑えて見どころを2つに絞るとします。


こんな言葉が残っています。


三成に、過ぎたるものがふたつあり。
島の左近に佐和山の城。


歴史好きにファンの多い島左近です。

彼は三成が自分の給料の半分という破格の値段で家来にした猛将です。


石田三成が全然メインではない歴史物語でも必ず三成の隣には強そうな男が立っているものですが、ぜひこれを機に覚えて下さい。


ほぼ孤立無援に陥ってしまう石田三成を、最後まで支え続けた島左近


この映画でも堪らない味を出しています。


-----


そしてもう一つが合戦です。


これ以上は出てこないと思われる圧巻の迫力

かつどんな細かいシーンにも丁寧に歴史知識を詰め込んだ、本当に完成度の高い作です。


「細かい部分までよく歴史を勉強しているな」と偉そうに感心していましたが、よく考えると司馬遼太郎氏の作品を読んで歴史を勉強していたのは私でした。笑


DVD購入間違いなしの作品です。


--------


最後に、完全な趣味でありどこにも拡散していないものの、時間をかけてランキングトップを維持している戦国ブログです。


5武将と巡る戦国50年


歴史を動かしたイベントを1記事1分で順番通りに描いています


丁寧に作り上げたい作品ですので、好きな方のみこっそり覗いてみて下さい。


----




原作。せっかくこんなに歴史の長い国に生まれて、歴史を嗜まないまま終えるなんてもったいないかと。




==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。





2017年10月29日日曜日

【映画】 サバイバルファミリー

[作品名] サバイバルファミリー 


[おすすめ度] ★★☆ 

[構成・展開] ★★

[世界観] ★★★★


[コミカル度] ★★


[ひとこと]


ある日突然なぜか電気が全く使えなくなります。電池も含めて。

交通も麻痺し、仕事もできず、スマホで連絡も取れなくなる。

情報は一切入らず水も食料も無くなり、周囲も段々とどこかに去っていく中で、とある4人家族は自転車で「南」へと向かうことになります。


-----


コメディという位置づけで宣伝されていましたが、実際は捉えようによっては相当シリアスで考えさせられる映画でした

それ故私にはかなりのポジティブサプライズ。


突如「サバイバル」に陥り、原因も状況も解決策も一切分からない状態で、ごく普通の4人家族が各々の成長を遂げていく物語


正直笑えたシーンはありませんでしたが、込み上げてくるシーンはいくつもありました。


-----


「一体どうなるのだ」という一本足にひたすら吸い込まれていく珍しい映です。


また、物語の終盤まで他の映画にはほぼ必ず存在する「あるもの」がありません


笑いだけしか求める物がない人には分かりませんが、独特の世界観に吸い込まれていく本作は完成度の高い映画としてお勧めできます。




こちらがブルーレイ。




こちらが小説。


◇他のひとこと映画評論(抜粋)◆


『22年目の告白 ‐私が殺人犯です‐』

『関ヶ原』 


『LA LA LAND』

『君の名は。』





==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。





2017年10月22日日曜日

【読書】  人生を狂わす名著50 [三宅香帆氏]

[著書名] 人生を狂わす名著50 

[著者] 三宅香帆氏

[おすすめ度] ★★☆ 

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★

[ひとこと]


この本では50の名著が紹介されているのですが、先ずは(何より)その紹介主である著者について。


サブタイトルが「京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。」とあるように、著者はなんと大学院生です。


私自身、読むを超えて小説を書いたら賞を獲り(しかも二回)、すっかり歳を取りデータベースだプロマネだと全く異なる領域で世界を飛び回るリーマンで食っていますが、それでもひたすら本を買い書評ブログは書き続けています。


その私の嗅覚で、「この著者はこっち側の人間だわ、…と言うか、尖がり方の次元が違うかも」と。笑


-----


本の構成は、文学に心から人生まで浸っていると思われる(個人的には賞賛)著者が、国内外50の名著を彼女の言葉で紹介します


私自身も思うところある著者や作品がいくつも出てきますが、彼女の深く、鋭く、丁寧な「切り取り方」に好感が持てます。

論調に若さと愛が溢れすぎて、読む人は若干選ぶかもしれませんが。


本の選択センスは当然間違いなく、何より彼女自身の言葉で描く紹介文自体も、小さな文学になっている気がします


--------


最後に、この本をお勧めしたいのは学生です。言い換えると、20代後半から初めて文学に出会っても少し遅い気がします。

良い悪いの問題ではなく、時間と体力が有り余り、未来がまだまだ真っ白で、合理性やロジックに邪魔されず感性が潤っている時期でないと、ここに挙げられた文学の多くは重過ぎるかもしれません

妻子あり社会における幾多の役割を持ったおじさんに、突如「人に生まれた意味を再定義する」とか旅に出られても困る。笑


昔は貪った作品に「もういいかな…」と胃もたれを感じた自分に寂しくもありますが、それだけ「詰まった」一冊ですのでお勧めいたします。




※詳細は画像より




==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。





【読書】 死ぬほど読書 [丹羽宇一郎氏]

[著書名] 死ぬほど読書 

[著者] 丹羽宇一郎氏

[おすすめ度] ★★☆ 

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★

[ひとこと]


本のタイトルに「言われなくても」と即買いでしたが、著者の丹羽氏は読書好きで相当有名な方で、何より元伊藤忠商事の社長です

この本の売上も全て寄付されますし、(数少ない?)人格者で成功した方として勝手に尊敬しています。


-----


本書は、年間150冊読まれる著者の、読書の重要性や喜び、お勧めの方法や効用が書かれています

さすがの非常に読みやすい文章で、世の中の2人に1人以上がそうらしい「本を1冊も読まない人」にはぜひ手に取ってもらえたらとは思います。


本を読む人にしかわからないことがある


この著者の言葉に、僭越ながら同じ本中毒の私も心から同意します。


------


私がまさにこの書評ブログをFacebookに載せる度、今では「必ず」200人以上が読みます。

そのうち9割以上はこちらは名前も顔も覚えていませんが(笑)、私は他人がSNSに流した記事なんてまず読みません。

Facebookにいる日本人の知り合いから、今でも使っている人数を推測してみると、ほっとんどの人がわざわざ記事をクリックして毎回読みに来ている計算になります。(あなたですら読んでいるほどですからね。笑)


本が売れない、読まれない、文章が書けない、と嘆かれる現代ですが、実は潜在的な本需要はまだまだあるのかなと思っています。

(単に、SNSに垂れ流される他人の写真に0.1秒でいいねを付けていく作業に、みんな飽きているだけかもしれませんが。笑)


------


別に本を読もうが読むまいが、何の本を読もうが、(私は心から嫌いですが)本は買わないが読みまくろうが、それは個人の勝手です。


知識も考えも空っぽの方が人生は楽しいかもしれません。真面目に。


ただし、本を読む人には世の中は時に全く異なって見えています


それが必ずしも快楽やお金に繋がるわけではありませんが、同志が増えてくれたらいいなとひっそり思っています。




※詳細は画像より





==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。





2017年10月8日日曜日

【映画】  ちょっと今から仕事やめてくる

[作品名] ちょっと今から仕事やめてくる 


[おすすめ度] ★★☆ 

[構成・展開] ★★

[心に残る度] ★★★★


[後味] ★★


[ひとこと]



「こんなブラックなとこ本当にあるのか?」と思える会社で働き、心身ともに限界に追い詰められ電車のホームで倒れかけた主人公……を間一髪のところで「謎の同級生(福士蒼汰)」が助けることで物語は始まります。


メインの登場人物は少なく、「謎と真実」を巡る展開もありますが基本的にストーリーもシンプル

酷評も割と見られた映画でしたが、私は重すぎず、けれど大事なメッセージが薄まらずに伝わる構成に好感でした

映画だけ見ている評論家とやらにはリーマンの生き様は分かるまい、とか思ってみたり。


-------


もちろん現実ではこれよりも残酷なブラック企業が蔓延し、セクハラやパワハラや名前も付けられない「攻撃」で人間が死にまで追いつめられています。


できたらそうした視野狭窄に陥る前にこの作品を見ておき、「会社を辞めることは悪ではない」という大前提を頭の片隅に入れておくのもよいと思います

主人公のあの姿を見れば、(今は)仕事全く問題ない私ですら「ちょっと今から……」と一瞬頭のリミットが変に外れかけました。笑


ちなみに主演は福士蒼汰くんかもしれませんが、私が主人公と呼んでいるのはもう一人のメイン。


その彼は、実はソフトバンクホークスの工藤監督の息子です。全く本編に関係ないですが、知らなかった人へ念のため。笑



こちらがブルーレイ。




こちらが原作。



◇他のひとこと映画評論(抜粋)◆


『22年目の告白 ‐私が殺人犯です‐』

『LA LA LAND』

『君の名は。』






==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。





【世界】 アメリカで35年暮らした僕が妻の田舎に移住して見つけた人生でいちばん大切なこと [マックス桐島]

[著書名] アメリカで35年暮らした僕が妻の田舎に移住して見つけた人生でいちばん大切なこと

[著者] マックス桐島氏
 
[おすすめ度] ★★☆ 

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★

[ひとこと]


著者は日本生まれ日本育ちですが、高校生で単身アメリカに渡米し、UCLA映画科や世界92か国の放浪を経て、ハリウッドで映画俳優とプロデューサーとして身を立てた方です。


…そんな日本人がいたのか、という驚きで普段は手に取らないエッセー本ですが読んでみました。


私自身も大学時代に著者と同じUCLAに留学し、20代で仕事で世界を飛び回る真っ最中のため、著者から得られる「知識・知恵」に期待をしました。

が、結果は予想外かつ涙が流れるほどの物語と考え方を得ることになりました


------


著者は35年間ロサンゼルスでサクセスストーリーを歩んできましたが、余命5年を宣告された奥様のためにキャリアを捨て日本の宮崎に移住しました


本作はそこで気付いた日本の魅力と人生における大切な物の2つが書かれています。


-----


先ず、ロサンゼルスという世界の最先端と、日本の田舎という両極端で「生きた」著者しか言葉にできない日本の魅力は、相当に勉強になる知識です。


日本だけで生きて独りよがりに売り込む魅力は実態とずれています。

一方でアメリカかぶれで「日本はやっぱり駄目だ論」も批判するだけでは何の価値もありません。


本作は両方を知った上で改めて日本の良さを掘り起こしている点に非常に共感できます。

著者には当然劣りますが、日本の20代ではちょっと負けないレベルで日本も世界も「生きてきた」つもりの私ですが、この本で整理されている日本の魅力には大変納得しました。


------


そしてもう一つ、著者と奥様の物語。

これについては半端にまとめや感想を述べるつもりはありませんが、本気で愛し生きてきたお二人の本気の言葉に、恥ずかしながら3回程涙が出ました。


改めて(または初めて)日本の魅力に気づけ、愛する人と共に生きることの尊さを心から感じられる1冊だと思います






==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。




【世界】 日本を飛び出して世界で見つけた僕らが本当にやりたかったこと [森美知典]

[著書名] 日本を飛び出して世界で見つけた僕らが本当にやりたかったこと 

[著者] 森美知典氏

[おすすめ度] ★★☆ 

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★

[ひとこと]



この本では20人の世界で生きる日本人が紹介されています。

ある程度有名な方もいれば、こんな生き方できるのかという変わり者もおり、著者が直接渡航し20人全員と話をした結果生まれた本です。


(ご存じ)私も他の日本人と比べれば間違いなく変わり者で、UCLAに留学したりTOEIC満点を取ってみたり世界という物に憧れる不思議な学生でしたし、今では一か月に少なくとも一か国は飛ぶような仕事をしています。

そんな私ですら、世界への憧れを思い出させてくれるような一冊でした。


------


ここに出てくる20人は、私のような「日本から世界を回るビジネスマン」ではなく、様々な理由で世界のどこかに飛び、現地に住みながら何かしらのビジネスを立ち上げた(多くは飲食店が軸)方々がインタビューされています。



面白いのは、その世界に飛んだ理由はほとんどの場合縁というかタイミングというか流れというか、「とりあえず行ってみた」から全てが始まったケースが実に多いことです

言葉やコネも一切ない状態からどうにか築き上げた人たちもたくさんいます。


日本で特別であったり、徹底的に準備をした人間だけが世界に行けるわけではなく、「片道切符さえあればあとは行ってから」でも何とかなる(ならなければ帰ってくるだけ)と思わせてくれます


------


一度きりの人生一度は世界で…という気持ちは誰よりも分かるつもりです。

その思いを日本のサラリーマンという枠だけで考えていると、20代、30代で結果を残し、40代で海外プロジェクトに選ばれたい…となるかもしれませんが、世界に挑戦できる方法は無数にあることに気付かせてくれます。


単なる放浪スタンプラリーであれば誰でもできますが、「世界で仕事をする」となると日本の最低5倍は大変だと思います。英語が全く問題なくても、単純な疲労感だけでも何倍にもなります


けれど一方で、人生は間違いなく10倍以上広がり楽しくなります。
 
いい悪いではなく単に生き方の問題ですが、「世界と繋がる快感」は経験しないと絶対に分からない物です。


その世界への切符が、少なくとも片道分ならば誰にでも与えられると気付かせてくれる本ではないでしょうか。






==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。