2017年5月21日日曜日

【ビジネス】 戦略がすべて [瀧本哲史氏]

[著書名] 戦略がすべて 

[著者] 瀧本哲史氏

[おすすめ度] ★★

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★★★

[ひとこと]


以前紹介した武器としての決断思考 [ 瀧本哲史 ]の作者で、前回は決断への思考法を1冊通して教示しているのですが、本作はビジネスからネット社会、政治まで幾多のケーススタディが紹介されています


「著者買い」の1人で、様々な分野に渡る30近い「戦略」の分析は圧巻です。


・AKBから鉄道会社にまで通じる「プラットフォームビジネス」

・資本主義のカラクリ

・ネット炎上商法の仕組み

・本物の教養とは

・コモディティでしかない地方政治家


などなど、瀧本氏ならではの考察と書き込みはどの著作も本当に間違いがありません。


実は、このように読了した後には上手く整理できるのですが、途中までこの本のタイトルがいまいちピンときていませんでした。本としては満足だけど、なぜこのタイトルなのかと。


それが最後の最後で全て繋がった時、「これが戦略か」と(勝手に)驚きました。

このタイトルを思い出せるだけでも、一軍の本棚に置く価値ありだと思います。




※詳細は画像より




==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。



【医療】 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由 [ゆうきゆう氏]

[著書名] 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由 

[著者] ゆうきゆう氏

[おすすめ度] ★★

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★★★

[ひとこと]



大丈夫です。私自身は「今だけは死ねない」くらいの無双モードです。


が、本書はブラック企業で働き「気づいたら」死を望みかけていた著者が、とても分かりやすく「そうなってしまう」ロジックを漫画で教えてくれます


あくまで書評ブログですので私自身の考えは挟みませんが、この本を読んでいると少しつらくなります。

世の中に蔓延るパワハラ、セクハラ、その他様々なハラスメント。明らかな攻撃だけでなく、「実はこれって…」と気付かぬうちにストレスが限界を超えて体が動かなくなる

視野狭窄になり、心身ともに正常でなくなり、真面目な若者がある日突然立てなくなる。


…立てなくなる、ならむしろ助かったわけです。という、かなり重い話をできるだけ優しく書いてくれています


この本を知識として正常の時にわずかでも頭に入れておくと、誰にでも起こり得る「限界」に気付けば追い込まれていた時、ふと助けられるかもしれません


8割以上の転職も鬱病も「直接の上司」の影響が大きいというデータもあるようです。(100%納得……)


読まないに越したことはないですが、特に真面目な新入社員は「初任配属の職場にいるバグったセクハラじじい」を張っ倒してもよい、ぐらいの気持ちが大事かと思います。


……できないから、こんな世の中になるのですがね。。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由 [ ゆうきゆう ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/5/21時点)

※詳細は画像より




==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。




2017年5月7日日曜日

【映画】 美女と野獣

[作品名] 美女と野獣 


[おすすめ度] ★★☆ (原作ファンかに大きくよるかと)

[構成・展開] ★★

[音楽] ★★★★


[映像] ★★

[ひとこと]


音楽の素晴らしさやエマの美しさは散々SNSに流れてきたと思いますので、あくまで私なりの感想。


先ず、原作好きやディズニーファンにはたまらない作品ではと思います。

ミュージカル調の映画で音楽は感動すら覚えますし、とにかく映像が美しい。実写というより魔法の世界に数人の俳優が入り込んだ感じです。


好きな方が虜になるのは納得の作品。映画とはこんな世界まで描けるのかと作り方含め感激はします。


----


では個人的にはと言うと、☆は3.7ぐらい


私は原作をあまり覚えておらず、キングダムハーツの方がより鮮明に覚えているくらいなので(笑)、ある程度新しい映画として観てしまいました。

また、私は恋愛物やミュージカルは原則観ず、小説家の端くれとしてとにかくこだわるのは物語の構成や展開。

キャラクターも物語を動かす俳優は主に3人と少なく、最後の場面までそのうち1人は野獣なわけで、俳優の演技をじっくり楽しむ映画ではないかと。


となると、どうしても物語その物は私には「面白く」はないです。前半は映画館で初めて寝てしまった…。(小説なんて書く変人の私が一方的に悪いだけ)


----


素直に「感動した」だけ連呼していれば好感度は上がったかもしれませんが、ディズニーに興味ない男性にはお勧めはしません

私はディズニー好きですが、それ以上にオリエンタルランドの経営戦略や決算(今年は正念場かと)に興味津々ですので、そんな悲しい大人には魔法と愛の力はそこまで効かないかもしれません。笑

 
いずれにしろ、本当に美しい映画です。「映画館で観るべき度」は☆5です。間違いなく。


◇他のひとこと映画評論◆


『ムーンライト』

『LA LA LAND』

『君の名は。』





==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。




2017年5月4日木曜日

【講演】 僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう [山中伸弥氏、他4名]

[著書名] 僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう 

[著者] 山中伸弥氏、羽生善治氏、是枝裕和氏、山極壽一氏、永田和弘氏

[おすすめ度] ★★

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★★★

[ひとこと]


ご存じiPS細胞でノーベル賞を受賞した山中氏、将棋の羽生氏、映画監督の是枝氏、京大総長の山極氏の4名の、それぞれの講演が合計4本。

そして上記4名が科学者であり詩人の永田氏と行った対話セッションが4本。合計8本のトークを本にした1冊です。


山中氏や羽生氏の話は今まで何度も読んできましたし、それでも新しい気付きや学びはたくさんありました。

知らない方には一見完璧な山中氏の挫折エピソードは本当に勇気になると思います。


また、個人的には映画監督の是枝氏の、創作に対する想いや考えが最も響きました。

更に、「人づけ」という自分自身がゴリラになり野生のゴリラと共に過ごし研究した山極氏の話は新しい知識ばかりでした。


講演形式で非常に読みやすく、全く異なる分野のトップたちの話を一冊で読めるため期待以上に残る本でした。




※詳細は画像より



==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。




【映画/漫画】 寄生獣 [山崎貴監督]

[作品名] 寄生獣


[監督] 山崎貴監督  


[おすすめ度] ★★

[構成・展開] ★★

[哲学] ★★★★


[CG] ★★


[ひとこと]


邦画でお勧めを聞かれた場合、相手にもよりますが同年代の男ならば『寄生獣』を答えます。


ドラマの延長である映画はあまり観る価値は無いと感じる一方、原作が小説や漫画は良作の確率はぐんと上がります。

特に漫画は元々が「画」だけに相性は良く、世界観やキャラクターも練り込まれていて完成度は高いです。


----


中でも圧倒的によいのがこの『寄生獣』。

飛ぶ鳥を落とす勢いである山崎貴監督の十八番、CG

漫画は実写化不可能と言われていましたが、漫画だとグロテスクな絵になりがちな(すぐに慣れますけど)戦闘シーンが、大迫力のアクションに生まれ変わりました。


また、ストーリー展開も「そう持っていくのか…」というインパクトがあり、良くもつらくも心が動く物語です。


そして何より、これは人間や社会に対して普遍的な問いかけをしています


「人間こそ化け物ではないか」


原作は相当前に書かれていますが、人が変わりテクノロジーが変わろうとも消えることのない矛盾。

セリフも適格で洒落ていてセンス抜群。


一見気持ちの悪い映像に躊躇するかもしれませんが、この物語を特別にする大事な要素であり、総合力の極めて高い良作としてお勧めできます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
寄生獣 完結編 通常版 [ 染谷将太 ]
価格:3384円(税込、送料無料) (2017/5/4時点)

※詳細は画像より


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
寄生獣(1)新装版 (KCデラックス アフタヌーン) [ 岩明均 ]
価格:500円(税込、送料無料) (2017/5/4時点)

※詳細は画像より


漫画も新装版になりました。今のひたすらニッチを狙う漫画市場では出にくい名作かと。





==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。





【組織論】 失敗の本質 [戸部良一氏]

[著書名] 失敗の本質 

[著者] 戸部良一氏

[おすすめ度] ★★

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★★★

[ひとこと]


私が生まれる前に書かれたご存じ名著。

サブタイトル「日本軍の組織論的研究」の通り、大東亜戦争において日本軍が大敗した6つの戦いを研究し、日本軍の「組織的」に何が敗北、または必要以上の大損害に繋がったのかを考察します。


前半は戦いを1つずつ読み込むため、初めは少し辛抱する必要があるかもしれませんが(徐々に慣れてくるとこれはこれで面白い)、「怒り」という感情を伴い史実を知ることで結論の残り方が異なると思います


言い換えれば、結論自体は「よく分かる」ものであり、現在低迷する日本企業にそっくりそのまま当てはまると思います。


幹部研修などで今でも使われる話も聞きますが、分かっていても変えられない、とはいえ変わらないとじり貧である、詰みかけの日本を考えると暗い気持ちにもなります。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
失敗の本質 [ 戸部良一 ]
価格:822円(税込、送料無料) (2017/5/4時点)

※詳細は画像より




==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。




2017年5月3日水曜日

【映画】 SING/シング

[作品名] SING/シング 


[おすすめ度] ★★

[構成・展開] ★★

[音楽] ★★★★


[映画館で観るべき度] ★★

[ひとこと]


GWですので映画のひとこと評論を多めに。

前回の『ムーンライト』のように日本ではさほど話題でない映画ほど語りたくなるのですが、本とは異なり映画は有名どころを主に書こうかなと。


-----

 
さて、超話題の『SING/シング』。

これは「映画に何を求めるか」によると思います。


ストーリーだけを見れば王道中の王道。

3Dアニメーションと安定の「可愛い笑い」、何より圧巻の音楽で完成度は高く、間違いはない作品だと思います。


その一番の売りである音楽。

吹き替え版の声優でも話題になりましたが、本家の声優陣を調べてみて下さい。やりすぎですよね。笑


力と想い(と金)がつぎ込まれた作品で、誰と観に行っても楽しめるはずです。


-------


……と、ここで終わったら私のブログを読む必要はないわけで、一応私個人のおこだわりも。


正直、音楽要素が強すぎて、映画館で観るべき作品と言うよりDVDを買うべき作品かなと感じました。

映画の醍醐味は、2時間真っ暗な空間で大画面と大音量と向き合い、その映画の世界観から逃げないでインプットすることかなと思っています

前回のように消化しきれなければ余韻に浸るのもまた楽しみ。


そう考えると、脳内には「楽しかった!」しか残らず、気になった曲の名前をググるぐらいしかやることがありませんでした。笑

「それでいいだろww」という大半の方にはだからお勧めできますし、多分読むブログが間違っているかと。笑


一人で本や映画や考え事や執筆が好きな変わり者の私には音楽しか残らなかったですが、その音楽が抜群によく、GWに誰かと観に行くには最適かもしれません。


----


どうせ観に行くなら、実は長澤まさみの歌声に一番「価値」があるかもしれません


すでに歌で飯を食っている人たちの問題なく上手い歌を聞くのは、彼らの歌声はすでに世の中に溢れ返っているわけで機会的な価値としてあまり高くはないかなと、どうしても経済的な思考になってしまいます。笑



◇他のひとこと映画評論◆


『ムーンライト』

『LA LA LAND』

『君の名は。』





==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。