2017年1月29日日曜日

【エッセー】 雑談力 [百田尚樹氏]

[著書名] 雑談力 

[著者] 百田尚樹氏

[おすすめ度] ★★★

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★★

[ひとこと]


前回の「著者買い」対象の中に百田氏もいます。

このブログでもすでに2作紹介していますが、最近は著者の小説以上に新書が楽しみになっています。

本作は百田氏以外ならば間違っても手にも取らないタイトルでしたが、抵抗ありながらも「百田氏だからきっと…」と発売した週末に購入。


結果、やはり物語の名手だけあってテンポ抜群の文章で一気読みでした。

単なるノウハウやどうでもよい情報のコピペなどではなく、書くにしろしゃべるにしろ話とは何なのか、聞かせるとはどういうことなのかを言葉にしています。


それに加え雑談力を活用した多種多様な小話も入っています。シャチvsサメの話、七人の侍の話、当て馬の話、伝説のピッチャーやボクサーの話は一読しただけで覚えてしまいました。


宇宙や歴史からスポーツまで「意味のない」分野なんて無く、可能な限り知の領域を広げたいと思わせてくれました


ちなみに、百田氏の新書にはこの雑談力 [ 百田尚樹 ]に加え、以前書いた大放言 [ 百田尚樹 ]鋼のメンタル [ 百田 尚樹 ]にも、南京大虐殺は完全なでっち上げである話があります。

もちろん歴史ですので仮説ではありますが、思想ではなく事実を組み立て論じる点は非常に納得がいきます。人物としても興味深い作家さんだと思います。




※詳細は画像より




==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。




2017年1月27日金曜日

【仕事】 林修の仕事原論 [林修氏]

[著書名] 林修の仕事原論 

[著者] 林修氏

[おすすめ度] ★★★

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★★

[ひとこと]


テーマや内容に関わらずその著者が書けば買う「著者買い」をします。

買いの著者も変わっていくのですが、少し前まで林修さんを片っ端から読みました。


当然規模は異なりますが、林修さんの人生観や仕事観が非常に肌に合います。

今やるかどうかは実は彼の本質とは関係なく、物事を俯瞰する力、好き嫌いよりできるできないで決める選び方、環境のせいにしない覚悟など、真に学ぶべき点は他にあります。


特にユニークだったのが、一週間のリスクを事前に想定しておく習慣。

物事を絶対視せず、常にリスクと対処法を考える。本好きであり競馬ファンでもある林修氏とは世の中の映り方が似ているのかなと思います。
 
 
子供は彼から国語を学ぶそうですが、我々大人は生き方について学ぶところがあるのかもしれません。





※詳細は画像より





==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。





2017年1月21日土曜日

【AI】 人工知能と経済の未来 [井上智洋氏]

[著書名] 人工知能と経済の未来 - 2030年雇用大崩壊 - 

[著者] 井上智洋氏

[おすすめ度] ★★★

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★★

[ひとこと]


1つ前の記事(【AI】 AI時代の人生戦略 [成毛眞氏] )でも書きましたが、現在第三次ブームと呼ばれるAI。

AIに関するニュースや記事を見ない日がありませんし、もはやバブルでありSF小説に感じる時もあります。


無論、バブルも夢物語も大好きな私はすっかり踊らされて7冊AI本を買いましたが(笑)、この本が最良でした。


著者の専門領域はマクロ経済学であり、AIの技術その物よりもAIと経済やビジネス、歴史の関わり考察しています。

ポイントは、1つの現実離れしたAI仮説を深堀するのではなく、一歩引いた経済学者の視点からそれぞれの仮説や理論、可能性を考えている点です。


文系の私を始め大半の方がAIを作るではなく使う側になると思います。

そのため技術の詳細ではなくマクロにAIと未来を論じた本作が最もお勧めできます。


経済の話が好きな方にはたまらない[知識習得]★6つです。

慣れないと時間がかかるかもしれませんが、挑戦の価値ある1冊です。





※詳細は画像より





==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。





2017年1月13日金曜日

【AI】 AI時代の人生戦略 [成毛眞氏]

[著書名] AI時代の人生戦略 

[著者] 成毛眞氏

[おすすめ度] ★★★

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★★

[ひとこと]


30代でマイクロソフトの社長になり、8年ほど前の本ですが何度も読み返した本は10冊同時に読め! [ 成毛真 ]の著者が、最新のSTEM(Science, Technology, Engineering, Mathematics)論を記した新書です。

SNSで著者をフォローしていて発売日に買いました。


現在第三次ブームのAI

ほとんどの人にとって得体がしれない故に、バブルのように飛びついたり、必要以上に恐れたり、難しそうだと放置したりしている気がします。


私自身も専売特許の英語にとって脅威である「翻訳技術」に戦々恐々としているのですが、この1冊を入門書として全く異なる考え方を得ることができました。


単なる最新技術紹介に留まらず、世の中や生き方がどのように変わってゆくのか、これから消える仕事と残る仕事はどれか、今から何ができるのかを考察しています。


VRや自動運転、ホリエモンとの対談や「ゲームをやらない奴は死す」など、私のように苦手意識故に技術の話から逃げたい人たちほど、はじめの一歩としてお勧めします。





※詳細は画像より





 ==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。




2017年1月7日土曜日

【ビジネス】 2040年全ビジネスモデル消滅 [牧野知弘氏]

[著書名] 2040年全ビジネスモデル消滅 

[著者] 牧野知弘氏

[おすすめ度] ★★★

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★★

[ひとこと]


商売・投資・ビジネスに関わる人たちに非常にお勧めの一冊です。


1970年代からのビジネスを大きく「マクドナルド型」と「ディズニーランド型」に分けて整理し、2040年までのビジネスモデルを考察します。


ビジネスは社会や経済、人々の生き方と繋がりながら変化していきます。

小難しい経済新書ぐらいのつもりで買いましたが、どこか哲学にまで通じる構成と文章力にも驚きました。


一番は、著者の専門分野である不動産についての知識と分析。

不動産を投資ゲームにしている連中も、生きる以上一生つきまとう我々も、この一冊を読んでおいて損はないと思います。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
2040年全ビジネスモデル消滅 [ 牧野 知弘 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/1/7時点)


※詳細は画像より





==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。





2017年1月1日日曜日

【ビジネス】  99%の会社はいらない [堀江貴文氏]

[著書名] 99%の会社はいらない 

[著者] 堀江貴文氏

[おすすめ度] ★★★

[読みやすさ] ★★

[知識習得] ★★

[ひとこと]


ホリエモンこと堀江氏の新書です。

新書は例外なく毎週確認し少しでも興味があれば買うのですが、本作は四か月ぐらい躊躇していました。

堀江氏に一定のバイアスがあったので、単なるサラリーマン否定本なら嫌だなと。


結果はポジティブサプライズで、さすが堀江氏は有象無象の「サラリーマン否定のみで小銭を稼ぐ輩」とは次元が異なりました。


実際には堀江氏がどのように時間、システム、サービス、人を活用することで、会社という動き方をしないでも様々な事業やPJを回せているかが分かります。


私は俗に言うホリエモン信者とは根本から何もかも異なると言いたいのですが…、彼の経営センス、一般の人間とは進む時間が異なる感覚にはいつも学ぶところがあります


社会人になっても何も勝てなくて世の中を否定するだけの連中の傷を舐めて小銭を稼ぐ「サラリーマン否定系」とは全く違います。笑

卓越した合理的思考からは新しく気付ける点が必ずあると思います。買った時は紹介するつもりはなかったのですが、かなりお勧めかもしれません。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
99%の会社はいらない [ 堀江貴文 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2017/1/1時点)


※詳細は画像より





==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』


7年続く親ブログ。毎週の世界経済を軸に、英語習得や時々のみプライベートも言葉にします。


◇その他スピンオフブログ◇


科学する投資&ギャンブル術


株と競馬を中心に、投資とギャンブルの原理原則を学べる場。


5武将と巡る戦国50年


戦国時代50年を5人の武将で整理しながら学べる場。